アニメーション動画制作の活用方法とメリット

最近は、商品の宣伝や企業PRを目的とした動画をアニメーションで作る企業も 増えてきています。 技術向上によってアニメーションで多様な表現ができるようになっていますから、 今やアニメーションは子供向けだけのものではないんですね。
ではアニメーション動画が企業の宣伝やPRでどのように活用されているのか、 アニメーション動画を制作するメリットなどについて詳しく見ていきましょう。

企業の宣伝やPRで活用されているアニメーション動画

企業がアニメーション動画を使うケースとして多いのが、 企業のブランドイメージをPRするいわゆる「ブランディング」です。 ブランドイメージを言葉にすると抽象的な表現になりやすく、 文章でPRしようとしても伝わりにくかったりします。 動画でも実写だと表現しにくかったりするんですが、アニメーション動画であれば 抽象的になりやすいブランドイメージを映像化しやすいんですね。
構成やデザインをパンフレットやチラシといった紙媒体と統一することで、 企業や商品のブランドイメージをより理解してもらいやすくなりますよ。

Web landing page template. Online review. People are giving stars, feedback and rating. Thumb up, stars line, like icons. Flat vector illustration for web, mobile app, UI, UX, site (Web landing page template. Online review. People are giving stars, fe

自社製品の使い方をアニメーション動画で

メーカーが自社製品を売り込むのにも、 最近ではアニメーション動画が使われることが増えています。 例えば工業機械などを売り込む際に、機械の仕組みやシステムを言葉で説明しても 機械に詳しくないお客様にはなかなか理解してもらえません。 また機械を分解したり、実際に機械を使っているところを動画撮影しても 魅力やメリットが伝わりにくいんですよね。 アニメーション動画があれば、機械の仕組みやシステムを視覚的に分かりやすく 機械に詳しくないお客様にも魅力やメリットが伝わりやすくなります。

Vector illustration, Document specification requirements, Instructions for use flat style vector concept. Expertise guidance information, instructions online, manager software user manual. How to use

就活生向けのアニメーション動画制作

企業説明会や公式サイトで就活生に理念や業務内容などを分かってもらうために、 アニメーション動画を使っている企業もあります。 先のブランドイメージと同様に、企業の理念は言葉にすると抽象的になりがちで、 言葉や文章による説明では理解してもらいにくいんですね。 また、就活生の多くはアルバイト経験はあっても本格に働いた経験がありませんから、 企業の業務とはどんなものか分かってなかったりもします。 アニメーションを使うことで抽象的な企業理念も具体的に分かりやすく説明できますし、 業務内容も就活生に伝わりやすくなるんです。

アニメーション動画で事前に業務内容が理解できていれば、「想像していた業務内容と 実際の業務内容が全然違う」という理由で離職する新卒者も減るかもしれませんよ。

Men Teachers, Business Trainers Stand at Desk with Students Using Laptop for Education and Gaining Knowledges at Seminar, Lesson or Courses in College or University. Cartoon Flat Vector Illustration

企業がアニメーション動画制作をするメリット

商品の宣伝やPRのために企業がアニメーション動画を制作するメリットとしては
 ・伝わりやすい  ・低コスト  ・高クオリティ などが挙げられます。 先のアニメーション動画の活用方法のところでも何度か書きましたが、 文章や実写動画に比べるとアニメーション動画の方が企業側の意図を伝えやすいです。 そして企業にとっても何よりも魅力的な言葉である「低コスト」が、 アニメーション動画制作であれば実現できます。 低コストでありながらクオリティの高い動画が作れ、意図が伝わりやすいことと合わせて、 アニメーション動画は費用対効果が高くなる可能性が高いですよ。
例えばですが、下記のようなアニメーション動画です。 ※弊社の実績です。

アニメーション動画は分かりやすい

同じことを説明する場合、 文書や実写動画よりもアニメーション動画の方が分かりやすいんです。 公共施設などにあるトイレや非常口などの案内板や一部の道路標識に 「ピクトグラム」が使われていますよね。 ピクトグラムが示す内容を文章や実写動画で説明しようすると大変ですが、 ピクトグラムなら1枚の絵だけで予備知識の無い人にも内容を理解してもらうことが できます。 アニメーションは言ってみれば動くピクトグラムのようなものですから、 文章や実写動画よりも企業側の意図がお客様に伝わりやすいというわけです。
例えばですが、下記のようなアニメーション動画です。 ※弊社の実績です。

アニメーション動画なら表現したいことが表現できる

アニメーション動画には伝わりやすいということに加えて、 表現したいことがそのまま表現できるというメリットもあります。 例えば「空を飛ぶ」「瞬時に変身する」「分身する」といったことを実写で違和感なく 表現することは難しいです。 CGなどを使えば人が空を飛んでいるような映像を作ることはできますが、 やはりどうしても違和感が出てしまいます。 しかしアニメーション動画だと、いきなり人が空を飛んだり分身したりしても 「アニメだから」と見ている人はすんなり受け入れてくれるんですね。

アニメーション動画制作は実写動画制作よりも低コスト

実写動画よりもアニメーション動画の方がコストがかかると思われているかも しれませんが、実際にはアニメーション動画の方が低コストです。 実写動画制作では、まずイメージに合った撮影場所を探すところから始まり、 さらにイメージに合った登場人物も探さないといけません。 場合によって事前のロケハンやオーディションが必要で、 また撮影場所が自社所有でないと撮影許可を貰いにいくことになります。 そのため実写動画では、実際の動画制作とは直接関係の無いところにも 金銭的・時間的コストがかかるんですね。 しかしアニメーション動画だと、 イメージに合った撮影場所や登場人物を作れば良いので探す手間が省けます。 さらにカメラや照明など撮影機材もアニメーション動画なら不要ですから、 金銭的・時間的コストが大幅に削減できるわけです。

3D Isometric Flat Vector Conceptual Illustration of Pay Cut, Salary Reduction.

修正や変更も簡単で使用スパンも長い

アニメーション動画だと内容に修正や変更が必要となった場合でも、 簡単にすぐ対応できます。 実写動画だと1から撮影し直しですが、 アニメーション動画は元の動画に修正や変更を加えるだけで済みます。 また宣伝やPRなどで動画を使えるスパンもアニメーションの方が長くなるので、 これらの点もコスト削減に繋がってくるんですね。 実写動画は制作から数年経つと、 背景や登場人物の服装・メイクなどがどうしても古臭く見えてしまいます。 アニメーション動画だと古く臭さはあまり気になりませんし、 気になったとしても簡単に修正や変更が加えられます。 そのため1本のアニメーション動画を長く使うことができるので、 その分制作コストが安く済むというわけです。

Isometric 3D business concept environment, Business people, bankers working next to coin stacks. Investment, saving, financial advisory, technical support, advisory and security

高クオリティで人の目に付きやすい

アニメーションだとコストに反してクオリティの高い動画が作れますから、 人の目に付きやすく評判になりやすいんです。 最近は、新曲を宣伝するためのミュージックビデオをアニメーション動画で 制作していることも多いですよね。 それが動画投稿サイトにアップすると、曲のイメージにピッタリでなおかつクオリティの 高いアニメーション動画が話題となってSNSなどで取り上げられて「バズる」わけです。

User social networking and chatting using apps on his smartphone and young people connecting online using their devices: social media and communication technology concept

クオリティの高い動画は人の目に付きやすく話題になりやすいですから、 企業の宣伝やPRのための動画は高クオリティでないといけません。 実写で高クオリティ動画を作ろうとするとコストが嵩みますが、 アニメーション動画だと低コストで高クオリティなものが作れます。 ですから人の目に付いて話題になりやすい宣伝・PR動画を作るんだったら、 実写ではなくアニメーションの方が良いんですね。

Little characters create a film. A designer works freelance. People start to record a movie. Users record a video at an online platform. Blue and yellow colored vector illustration EPS 10

まとめ

企業の宣伝やPRでのアニメーション動画の活用方法やアニメーション動画制作の メリットについて詳しく紹介しました。 多額の宣伝広告費を使うことが難しい企業にとっては、 アニメーションだと低コストで高クオリティな動画が作れるのは大きな魅力です。 バズる動画にしたいのであれば、 実写動画じゃなくてアニメーション動画が絶対におすすめですよ。
アニメーション動画制作に興味があるなら、コスパの高い動画制作と公開後の運用まで してくれるWEB動画制作会社「WCA」の公式サイトを訪れてみてください。

WCA公式ホームページ

WEB動画制作のことなら私たちWCAにお任せください。 埼⽟・東京を拠点に置きながら、全国で対応可能な Web 動画制作会社です。

WEBメディア事業部